成長する近道があるとしたらこれだと思う。

公開日: : よもやま話, ライフハック, 仕事

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニスやったりすることがあるのですが、たまーに隣のコートで2人くらいでテニスしてる下手な人がいるんですね。

別に迷惑なわけでもないので、楽しんでやって頂ける分には全然いいのですが、見てて正直面白いのかな?って思うことがあります。

だって、8割くらいボール拾いしてるw

確かにテニスって難しいですが、それでもテニスしてる時間よりネットにかけてしまったボールを拾っていたりする時間が長いとシンドイと思うのです。

遊園地みたいに並んだ時間とアトラクションを楽しむ時間の割合を考えればまだマシなのかもしれませんが、あれですかね。ボール拾いも楽しいとかそういうやつですかね?

楽しいのなら別に良いわけですが、単純にテニスを楽しむ+上達するためには?という視点で軽く記事を書いてみたいと思います。

テニスが楽しめなくても楽しい人はここで置いていきます。

スポンサードリンク

上手い人とテニスする

言いたいことは結局これに尽きるわけなんですが、その理由を述べていきます。

ラリーが続きやすい

テニスは2人以上で成り立つわけですが、片方が上手いだけでボールがどこかに行ってしまう確率が単純に考えても半分になります。

これだけでも限られた時間でテニスを楽しむためには重要なことです。

ミスの確率が減る

不思議なことに、相手がミスしないだけで自分のミスも減ります。

連続して打てる回数が増えることで慣れるし、最悪ネットを越えればラリーが続くわけですから精神的な負担も軽くなります。

テニスコーチできるレベルの人でない限り、相手の打ちやすいところにボールをコントロールして打つなんて出来ないし、相手が上手じゃないほどその技術が要求されるわけなので、下手な人同士でテニスするのは無謀です。

逆に相手がテニスコーチのようなコントロールを持ち合わせているなら、コート上をそれほど走る必要性もないし、頭の上まで高くバウンドする球も打つ必要もないし簡単になります。

上達が早くなる

テニスは身近なスポーツだと思いますが、純粋に楽しむには結構なレベルが要求されます。

上手くラリーできない内は、上達することが一番楽しむことに繋がると思います。

(そうじゃない人は多分、テニスじゃなくてもいい人でしょう。)

そう考えると、上手い人とテニスした方が、その人をお手本にできるし、打つ回数も増えるし良いことだらけです。

私が大学でテニスをしていた時でも、インカレ(全国大会)に出場するレベルの人と練習してもらったおかげで上達できたと思いますし、初心者じゃなくても同じことが言えるはずです。

たった一つの問題点

上手い人とテニスをするのは簡単そうで、難しいです。

身近にそんな人がいなかったら難しいですし、いたとしても下手な自分とテニスしてもらうなんて練習にならないだろうし、楽しくないだろうと遠慮してしまうかもしれません。

しかし、そこはお金にものを言わせてテニススクール(できればプライベート)で相手してもらったり、知人に上手い人がいるなら遠慮しないでお願いしてみましょう。

案外、上手でない人の為に打ちやすい球を打つことも練習になりますし、感謝されればやっぱり嬉しいです。

まとめ

テニスにフォーカスを当ててみましたが、どんなことでも自分より上のレベルの人と行動を共にすることは重要だと思います。

先日は東京までアプリ開発者の懇親会に行ってきましたが、活躍されている方のお話は自分のレベルまで引き上げてくれます。

上手く行っている人の考え方ややり方というのは、しっかり裏付けされていることが多いので、それに触れる機会を手に入れるだけで成長するスピードは違ってきます。

スポンサード リンク

関連記事

2015年に買ってよかったものを3つ挙げるとしたらこれ!

どこのメディアでもやってるので、新鮮さも何もないかもしれませんが、昨年の2015年に私が買ってよかっ

記事を読む

モーニングが無料!!元町珈琲のキャンペーンが面白い!

先日、新聞はとってないんですけど、間違ってポストに投函されていて、たまたまそのチラシに目を通していた

記事を読む

アプリ開発者として異業種交流会に参加してみた

知り合いの社長さんの紹介で、異業種交流会に参加してきました。 異業種交流会というと程の良い合コ

記事を読む

色んなことに目をつぶって急遽ディズニーランドへ行ったお話

この週末は全く仕事が出来ませんでした。 というのも、妻の友人の結婚式があるということで、名古屋

記事を読む

【スポーツする人は必見】人間なら買っとけっていう本を紹介してみる

最近の日課はAmazonのKindle本の日替わりセールをチェックすることです。 だってめちゃ

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

ライザップを超える?完全無料の「DIET GENIUS」が始動!

twitterのタイムラインは年末年始も休むことなく、というかいつもより流れが速くて眺めているだけで

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑