麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

公開日: : 最終更新日:2015/07/19 ライフハック

私は麻雀だけは誘われてもやりません。

何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがありますが、

ルールも知らない主人公が見事にカモられるわけです。

お金には価値がない?お金大好きな人はこの漫画読んで勉強するべし!
テニス関連の知り合いに不動産の社長をされてる方がいるのですが、試合の合間に漫画を読んでました。 夫婦でその試合に参加されてる方でもあり、1歳に満たない子も連れてきているので、

当然といえば当然なんですけど、そういう風土が好きになれません。

というか自分でも勝てないのが分かっているので、わざわざ負け戦さはしません。

ただの遊びなのにと思われるかもしれませんが、麻雀だけはリアルマネーを賭けてる人が多い気がするし、そうなるとしたら遊びの域を脱して犯罪だし、ギャンブルするなら宝くじ買った方がまだ健全です。

 

卑劣なゲーム「麻雀」

私のはこう感じざるを得ないわけですが、その理由を3つ挙げてみました。

初心者に優しくない

初心者だろうが何だろうが、負ければ何も考慮されません。

ルール教えるとかいいながらカモっておいて、勉強代という名目で徴収するやり方はホント汚い。

そもそも、何故ハンディキャップを設けないのか謎。

最初の持ち点でいくらでも調整可能なはずなのに、そういう類は一切なし。

実力主義かつ、実力差が他人に影響しないゴルフでもハンディキャップがあるし、似たようなゲームの将棋には9枚落ち・飛車落ち、囲碁だって置石みたいなものがあります。

他のどんなゲームだって楽しむ為に、色んなハンディを設けることが多いのに、麻雀は負かすことしか考えてません。

強いていうならチョンボ(ルール違反)には寛大ですかね。といってもそこまで厳密にしだすとゲームが成り立たなくなるからだと思いますが。

 

運じゃなく実力

ハンディキャップを設けない一つの理由として、運の要素が挙げられると思います。

が、プロが存在する以上実力が大きく勝ち負けに反映されます。

プロとまではいかなくても、場の状況を理解できて、あがり牌を振り込まなければ大きく負けることがないゲームなので、それすら分からない初心者は圧倒的に不利です。

どんな勝負事にも運はつきものですが、実力差を運だといって片付けようとするのは麻雀くらいです。

 

弱者を救済しない

負けを決して忘れさせてくれません。

普通はその場のノリみたいな感じでチャラにしたりすることもあるかと思いますが、麻雀だけは違います。

お金の貸し借り並みに神経を張り巡らせて徴収しようとする姿勢には脱帽です。

中にはエクセルで管理したりする方も。もうちょっと別のことに労力使えばいいのになぁって思います。

 

もし麻雀をするなら

とにかくルールを覚えるまではネットやアプリを使って遊ぶのが最善です。

リアルにやるとするなら実力が同じくらいの人とのみ。

勝てる自信が出来たら初めて勝負の世界に飛び込めばいいと思います。

カモられる状況ではやらないことが懸命です。

 

まとめ

麻雀を終始ディスってましたが、言い換えれば初心者の甘えでもあります。

そういう実力主義というかやらなきゃやられる的な状況はスリルがあって人を惹きつけるのだと思います。

それと卓を囲って弾む会話とかもあると思うし、接待的な要素もあります。

遊びじゃないと思えば、株やビジネスに近しいものもあるので、良い人生経験になるという捉え方もできます。

要はこういった考え方ができたり、楽しければ良いという価値観の持ち主なら楽しいゲームなんだろうなぁと。

そして、くれぐれもリアルマネーは賭けないようにしましょう!

スポンサード リンク

関連記事

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

SIMフリーのiPhoneを買って格安SIMのIIJmioを使ってみた結果

もう半年ほど前になるのですが、ちょうどキャリアの2年縛りから解放されるタイミングでSIMフリーiPh

記事を読む

梅ジュース完成!梅シロップを作り始めて3週間がたったよ

梅シロップのレシピやその経過はこちらを参照してください。 [nlink url="ht

記事を読む

【必読】LINEモールのチャンスプライスで一番当選しやすい金額はこれだ!!

LINEモールというアプリはご存知でしょうか? LINEが運営するフリーマーケットアプリで、不

記事を読む

絶対買うべき!大地震の時に必要なものをまとめてみた

日本に住んでるなら地震対策は万全でないと、明日死んでしまってもおかしくありません。 東北の大地

記事を読む

夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。 転職して、1年

記事を読む

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

錦織圭を応援しよう!日本人初のタイトルとなるか!?全仏2015を生放送で見るには?

2014年の全米オープン準優勝で日本中の脚光を浴びた錦織圭。 今年最初のグランドスラムの全豪オ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑