麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

公開日: : 最終更新日:2015/07/19 ライフハック

私は麻雀だけは誘われてもやりません。

何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがありますが、

ルールも知らない主人公が見事にカモられるわけです。

お金には価値がない?お金大好きな人はこの漫画読んで勉強するべし!
テニス関連の知り合いに不動産の社長をされてる方がいるのですが、試合の合間に漫画を読んでました。 夫婦でその試合に参加されてる方でもあり、1歳に満たない子も連れてきているので、

当然といえば当然なんですけど、そういう風土が好きになれません。

というか自分でも勝てないのが分かっているので、わざわざ負け戦さはしません。

ただの遊びなのにと思われるかもしれませんが、麻雀だけはリアルマネーを賭けてる人が多い気がするし、そうなるとしたら遊びの域を脱して犯罪だし、ギャンブルするなら宝くじ買った方がまだ健全です。

 

卑劣なゲーム「麻雀」

私のはこう感じざるを得ないわけですが、その理由を3つ挙げてみました。

初心者に優しくない

初心者だろうが何だろうが、負ければ何も考慮されません。

ルール教えるとかいいながらカモっておいて、勉強代という名目で徴収するやり方はホント汚い。

そもそも、何故ハンディキャップを設けないのか謎。

最初の持ち点でいくらでも調整可能なはずなのに、そういう類は一切なし。

実力主義かつ、実力差が他人に影響しないゴルフでもハンディキャップがあるし、似たようなゲームの将棋には9枚落ち・飛車落ち、囲碁だって置石みたいなものがあります。

他のどんなゲームだって楽しむ為に、色んなハンディを設けることが多いのに、麻雀は負かすことしか考えてません。

強いていうならチョンボ(ルール違反)には寛大ですかね。といってもそこまで厳密にしだすとゲームが成り立たなくなるからだと思いますが。

 

運じゃなく実力

ハンディキャップを設けない一つの理由として、運の要素が挙げられると思います。

が、プロが存在する以上実力が大きく勝ち負けに反映されます。

プロとまではいかなくても、場の状況を理解できて、あがり牌を振り込まなければ大きく負けることがないゲームなので、それすら分からない初心者は圧倒的に不利です。

どんな勝負事にも運はつきものですが、実力差を運だといって片付けようとするのは麻雀くらいです。

 

弱者を救済しない

負けを決して忘れさせてくれません。

普通はその場のノリみたいな感じでチャラにしたりすることもあるかと思いますが、麻雀だけは違います。

お金の貸し借り並みに神経を張り巡らせて徴収しようとする姿勢には脱帽です。

中にはエクセルで管理したりする方も。もうちょっと別のことに労力使えばいいのになぁって思います。

 

もし麻雀をするなら

とにかくルールを覚えるまではネットやアプリを使って遊ぶのが最善です。

リアルにやるとするなら実力が同じくらいの人とのみ。

勝てる自信が出来たら初めて勝負の世界に飛び込めばいいと思います。

カモられる状況ではやらないことが懸命です。

 

まとめ

麻雀を終始ディスってましたが、言い換えれば初心者の甘えでもあります。

そういう実力主義というかやらなきゃやられる的な状況はスリルがあって人を惹きつけるのだと思います。

それと卓を囲って弾む会話とかもあると思うし、接待的な要素もあります。

遊びじゃないと思えば、株やビジネスに近しいものもあるので、良い人生経験になるという捉え方もできます。

要はこういった考え方ができたり、楽しければ良いという価値観の持ち主なら楽しいゲームなんだろうなぁと。

そして、くれぐれもリアルマネーは賭けないようにしましょう!

スポンサード リンク

関連記事

対策してる?熱中症を予防する方法をまとめてみた

久々というわけでもなかったんですが、2人でテニスを14時から16時半までハードコートでやりました。

記事を読む

本当に正しいダイエットとは何か?身体を知り尽くすアスリートから学ぶ栄養学

先日、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手がTwitterで栄養に関してのツイートをしていました。

記事を読む

Amazonがやばい!!今度は音楽が無料に!音楽知らなくても即カフェ気分が味わえる!

映画が見放題だと騒いで、それほどAmazonを利用してなかったのにプライム会員になり、さらに勢いでf

記事を読む

失敗しないプレゼント選びの鉄則はこれ!!クリスマスパーティーでプレゼント交換してきた話

早いものでもうすぐクリスマスですね。 白ひげおじさんを信じてやまないピュアな心の持ち主か、ごく

記事を読む

渋滞の裏技!一番早い車線の見分け方

先日、甲子園へ友人と行ってきた記事を書きましたが、そのときに目からウロコな裏技を教えてもらいました。

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

高級車乗るのは見栄?贅沢?お金持ちでなくても乗るべきたった1つの理由!

  名古屋に引っ越してきて、ベンツやらBMWやらレクサスなんかが走ってるのを見かける

記事を読む

男性必見!究極の選択を切り抜ける万能フレーズを考えてみた -料理編-

私も先日、危うく地雷を踏みかけました。 いや踏んだのかもしれません。 感じたそのままを伝

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑