学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

公開日: : 仕事

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。

簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以下の大学の学生は履歴書も目を通されることもなく不採用になるというシステムのことですが、たとえ大学がちょっとアレでも優秀な人材はいるはず。

就活生からしてみれば、こっちは本気でやってるんだから目を通すくらいして欲しいと思うのが普通だと思いますが、企業側の視点から学歴フィルターについて書いてみたいと思います。

 

なんでこいつを採用したか理解できない

私が数年前に企業に勤めていたときに感じることが多かったのが、何でこんなできない奴を採用したのか?ってことです。

システムエンジニアの仕事の傍ら、100人ほどの新人に対して行う研修の運営も担当していた時期があったので、入社してきた新人をみてそう思うことがありました。

そして、不景気の波もあってか、年々採用されてくる新人はびっくりするほどの高学歴の持ち主なんです。中には東大も京大も慶応もいるわけで、たった数年担当しただけですけど、高学歴の割合が極端に高くなっていました。

そして忘れてはいけないのが、年々新人の質は落ちてきたということ。

明らかに学歴フィルターの色が強くなったのに、優秀な人材を採用できているというわけじゃありませんでした。

 

学歴フィルターは辞めた方がいい

高学歴だから優秀な人材だということはありません。逆に低学歴でも優秀な人材は山ほどいると思います。

実際に私が体感したように、学歴に縛られず人材を発掘した方が企業にとってはプラスになると思います。

企業もちょっと勉強ができたところで、仕事はコニュニケーション力などの様々な能力が問われるので高学歴が必ず優秀な人材である保証はないことはわかっているのです。

 

だったら何故根強く残っているのか?

それは採用コストや期間に制限があるからそうせざるを得ないといったところでしょう。

採用にも企業は費用をかけて行っているわけですが、普通の事業と違って直接的に利益を生み出すものではないので、先行投資になるわけです。

そこまで余裕のある企業も少ないですし、大量に応募されてくる履歴書の中から隈なく優秀な人材を探すのはもちろん大変で、時間もかかります。

なので手っ取り早く学歴でフィルターをしてしまうのです。

低学歴な人よりは高学歴の人の中から採用する人を探した方が優秀な確率が高いというのは統計などの資料を参照しなくてもわかると思います。

 

自業自得なんじゃないか?

就活生にとって、人によってはチャンスが0に等しくなり、企業にとっても必ずしもプラスにならない学歴フィルターですが、採用の時期に制限があったり、人材を他の企業に取られないように早く確保したいという意図があったのかもしれません。

ただ、私が思うのは就活生が自ら生み出したフィルターだと思うのです。

内定貰っても入社するわけでもないのに応募したり、面接の練習とか記念としてやダメ元で応募してみたり。

企業にとっては迷惑なのかもしれません。

ただただ採用コストが膨らみ、入社してくれる優秀な人材を発掘するのが困難になります。

だから人数を絞るためにフィルターが必要になってくる。

これが、就活生が本命・もしくは本気の会社だけに応募していれば、検討する人数が大きく減少するので、企業は一人一人しっかり目を通して判断してくれるのかもしれません。

 

まとめ

私は、入りたくもない企業に勤めるメリットはほとんどないと思っているので、本命の企業にだけ応募する方が良いと思っています。

就職できなくても終わりじゃなくチャンスはいくらでもありますし、入社したとしても今後は辞めたり転職したりというのが増えてくると思います。

また、就活生にとって自分を騙して就職活動するのはマイナスでしかないので、思いっきり企業にぶつかっていく方が結果的に上手くいくのではないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事

アプリで使用するイラストを募集!?まずやってみる精神で自分が描いてみた結果

このブログでも、まずやってみないと分かんないことあるから、とりあえず深く考える前にやってみた方が良い

記事を読む

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

アナ雪から考える3種類の「できる人」。あなたはどれ?

仕事で「できる人」と呼ばれる人がどこにでも居るかと思いますが、その「できる人」は大きく3種類に分けら

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。 新婚旅行で何気なく撮ったものが

記事を読む

iPhone6s発表イベントをみて感じるAppleの想いと展望

日本時間10日のAM2時。とうとうiPhone6sが発表されました。 iPhoneだけでなくi

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑