アプリ開発者として食べていくために大切なこと

公開日: : アプリ, 仕事

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることもありました。

いわゆる受託というやつですが、手っ取り早く収入が安定するので、アプリ開発者の方も受託をしつつ自分のアプリを作るという方が多いです。

しかし、やはり受託といえど片手間で出来るような仕事はなく、かなりの時間が割かれることになります。そうなると作りたいものを作る時間というのがほとんどなくなってしまい、なかなか会社に依存する状態から抜け出せません。

私はこのような状態では何のために独立したのかも分からなくなってしまうので、早く軌道に乗せるためにも最近は受託を積極的にすることを避けて、自分が作ったアプリのみで勝負しています。

まだ生活に余裕が出るほどの収入には届いていませんが、実際にアプリだけで稼ごうとしたときに見えてくることがあったので記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

稼ぐまでが仕事

アプリというとアプリを作ってたくさんダウンロードされれば良いというイメージがありますが、そうではありません。

アプリで稼ぐためには、今はほとんどが広告収入をメインにしているパターンが多いので、いかに長く遊んで貰うかも重要になってきます。継続的にアプリを使って遊んで貰うことで収益を得る機会を得られ、広告に興味を持ってもらって初めて稼げるからです。

ですから必ずしも「DL数=収益」というわけではないのです。

実際に、ダウンロード数は半分以下でも収益は倍稼いでいるという話しも当たり前に存在します。

面白いゲームを作り、そしてヒットさせることが最も大切で難しいことではありますが、仮にそうなったとしても、それだけでいいということではありません。

収益の最大化

他に何が大切かというと無駄なく利益に繋げていくことです。

アプリの規模にもよりますが、収益を最大化させられるかどうかで稼ぎは数万円という差になってきます。

私の場合は1万DL程度ですが、それくらいの金額の差は出ると感じているわけですから、もっとヒットしているアプリであれば何十万という差になってくるのかもしれません。

具体的にはアプリのどこに広告を組み込むのか?種類は?広告会社はどこか?などですが、このように考えなくてはいけないことは意外に多いです。

逆にアプリで食べていくためには、ホームランを打つことばかり考えがちですが、単打でもやりようによってはそれなりに食べていくことも可能だとも言えます。

私の失敗談

8月は夏休みでしたので、アクティブユーザーが通常時の2倍以上まで増えていました。

当然9月にはいって平常に戻ってしまいましたが、収益の最大化に取り組んだところ、なんと収益は横ばいもしくはそれ以上になっています。

もし、8月にやっていたらと思うと一体いくらの機会損失だったのか・・・想像したくありません。

どうしてもアプリが完成してしまうとある程度満足してしまい、収益化まで真剣に取り組めていませんでしたが、良い勉強になりました。

今回でマネタイズについては学びが多かったので、今後に活かせていけると思います。

まとめ

アプリで食べていくにはヒットアプリを作ることが大切ですが、それ以上に無駄なく収益に繋げる力も必要とされます。

お小遣い程度であれば、多少損しても笑っていられますが、生活がかかってるとまたインパクトが違います。

個人開発者はプログラムを組むだけでなく、企画も自分でしますし、プロモーションやマネタイズ、そしてサポート。思った以上にやることが多いです。

また、食べていく為には一過性の収益では厳しいものがあるので、長く遊べるコンテンツ作りだとか、新しいアプリのリリースですとかとにかく手を動かし続けなくてはいけません。

好きだから苦になりませんけど、市場の厳しさや労力考えると他人には勧められないなぁと改めて思いました。

スポンサード リンク

関連記事

プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートを

記事を読む

私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。 新婚旅行で何気なく撮ったものが

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

嫁ブロック?転職を妻に反対されるor夫が転職と口に出す前に読んでおこう!

嫁ブロックという言葉があるらしいです。 転職活動において、嫁の一声で白紙に戻ってしまうという、

記事を読む

日本最大!?の開発者イベントに参加してみた話

日本全国から開発者が集う『あぷまがないと』に参加してきました。 今回で3回目となるこのイベント

記事を読む

1年が短く感じる人は人生を損してる!もっと充実した1年を過ごそう!!

私はここ最近の数年間、1年が今まで以上に長く感じるようになりました。 それまでは、年を重ねるご

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

一攫千金!?アプリで稼ぐならどんなアプリが良いのか?

アプリを副業にしようとしてる人はどれくらいいるのでしょうか? プログラマーなどのIT系に従事す

記事を読む

事務所は不必要?私が在宅ワークを選択した理由

基本的には会社を設立すると、自宅とは別で事務所が必要になります。 しかし、バーチャルオフィスか

記事を読む

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑