SMAP解散に便乗したアプリの開発元と思われる会社に問い合わせした結果

公開日: : アプリ

ちょっと前に卒論というベッキーを題材にしたアプリの開発元と思われるITIという会社に問い合わせしました。
話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

開発元を特定した@takaoka_hideさんの情報を元に本当にITIが開発したのか確認してみた記事だったわけですが、なんでしょうね。このブログのアクセスTOP10に未だ入ってるんですよ。

もうアプリもストアから削除されてるし、もう過去の話しなのに何ででしょうか?

ITIの社員さんがコツコツとアクセスを伸ばしてくれたのでしょうか?

とまぁそれ自体はどうでも良いことなんですが、またもや話題に乗じたアプリがリリースされてます。

img_3497

個人アカウントのmasaru nishidaという方がリリースしているわけですが、開発者のWebページもアメブロかつ何の情報もないし、他にリリースされているアプリもないし、企業が使い捨てるために取得したアカウントだっていうのが容易に想像がつきます。

ついでにこんな感じのアプリなので、十中八九あの会社が作ってるんだろうなぁって思っていたら@takaoka_hideさんがまた解析してくれました。

SMAP解散をモチーフにしたアプリ登場。やはり開発はあの会社だった。

apkまで解析して、凄いです。

これを読んでいて、また問い合わせしてみようかという考えが頭をよぎったと思ったら


あれ?まさか期待されてるッ!?

スポンサードリンク

とりあえず、事実確認をしてみた

まさかとは思いますが、@takaoka_hideさんの情報が間違ってるかもしれないので、ちゃんと自分で確認しておかないといけないですよね。

「最高な仲間とエキサイティングし、世界を驚かせる」会社なんですから、まさか有名グループ名をもじった挙句、ネットで拡散されていたネタをパクったアプリで世界を驚かせようと考えるわけがないですから。

ちなみに私は解析とかはできないので、やっぱり電話で直接聞いてみることにしました。

ITI「はい、ITIです。」
fuauApp「私、個人でメディアをやっております○○(本名)と申しますが、とあるアプリについて私のメディアで取り上げさせて頂きたいのですが、その為に1点確認と、許可を頂きたのですが、担当の方に繋いでいただけないでしょうか?」

ITI「ちなみにどのような内容でしょうか?」

fuauApp「解散というアプリがリリースされているのですが、開発元が分からないので、ITI様が作られたものなのかどうか確認させて頂きたいです。」

ITI「かいさん?というアプリですか?ちょっとこちらでは分からないです。」

fuauApp「そうですか、では解散というアプリに関しては御社は関与していないということなんでしょうか?」

ITI「そういうことは分からないですね。」

furuApp「そうですか、わかりました。お時間とらせてしまいすみませんでした。それでは失礼します。」

という感じでサクッと確認してみましたが、言質はとれませんでした。

(確認できたところで何のメリットもないので追及しようともしてませんが。)

対応は前回とは別の方でしたが、対策されたのか一貫してシラを切るという手法だったのがまた面白かったです。

電話に出た人物が知らない・分からないで済ませてしまう対応はどう考えても不適切でしょう。

分かる人に変わるか、調べるか、時間かかるなら折り返すか。これくらいは誰だって期待しますよね。

世界を驚かせるならもうちょっと頑張ってほしい。

もしITIに伺うことがあったとして、住所教えてほしいと聞いたら「分からない」って対応されてるようなもの。

これって「来なくていい、来るなら自分で調べろ」って言ってると捉えられても仕方ない対応だと思うわけですが、そう考えると「解散というアプリはITIが作りました」もしくは「あなたが調べた通りの解釈で大丈夫です」って捉えても致し方ないですよね。

まとめ

今回はジャニーズが動いたりするのでしょうか?はたまた前回同様、ある程度お金を稼いだらアプリを消して逃亡でしょうか?

今後の動向に注目です。

スポンサード リンク

関連記事

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

一攫千金!?アプリで稼ぐならどんなアプリが良いのか?

アプリを副業にしようとしてる人はどれくらいいるのでしょうか? プログラマーなどのIT系に従事す

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

アプリで食べていける人とそうでない人の違いを考えてみた

アプリ界隈は本当に格差の大きな業界で、稼いでいる人は理解に苦しむレベルで稼いでますし、どうやって生き

記事を読む

開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。 関東には妻

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

no image

草野球チームを作ろう次回作のリリースを控えて開発者の心境を語ってみる

最近はブログがおそろかになりがちですが、その理由はアプリ開発に集中しているからです。 しかし、

記事を読む

アプリ1本でどれだけ儲けることが出来るのか?なんと平均44,000円らしい!?

アプリ開発者のほとんどがお世話になっているだろうメディアがありまして、ヒット作を生み出した方にインタ

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑