アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

公開日: : アプリ

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含まれているとリジェクトされるということです。

225

開発者はどうしても広告収入を頼りにしているわけですから、その収入源を断たれると痛い。

バナー広告は問題ないのでそちらを利用してアプリをリリースするわけですが、この『申請→アイコン広告はダメ→直して申請』を繰り返すのはリリースが1週間以上の単位で遅れていくので、頭を抱えたくなる問題でもあるのです。

 

今ではアイコン広告・ウォール広告がNGだというのが分かっているので、初めから組み込まずに申請をする方がほとんどだと思いますが、スマホの画面という狭いスペースに挿入できる広告が限られてくると、今後は強引な広告表示が増えてきそうで、ユーザーにとってもよろしい状況じゃない気もしています。

 

アイコン広告・ウォール広告がダメな理由

AppleはiOSの標準機能に酷似したデザインのアプリはNGとしています。

ユーザーが混乱するので当たり前といえば当たり前ですね。

ではアイコン広告・ウォール広告がダメだというのは『AppStore』に似てるからダメといってるわけです。

 

確かに似ているといえば似てますし、かといって間違えるかとえば間違えないと思うんですが、Appleがダメといえば、もうそれはクロなので仕方がないです。

 

これからどうするの?

実は今に始まったことではなく、以前からリジェクトはされていました。

しかし、各広告会社はこれに対し、審査の時だけ表示しない『審査モード』なるものを実装し、リリース後から広告を表示していたわけです。

そりゃもう皆がこぞって同じことをしてるわけですので、Appleさんもさすがに気付きますよね。

ですから、表示云々ではなくて、表示可能なSDKがあればリジェクトという手段に出てきました。

イタチごっこの始まりなのかもしれません。

 

各広告会社は、アイコン広告・ウォール広告の配信を停止する安全策に出るところや、マークされたSDKの名前を変更し、新しい手法で表示する方法を模索しているところもあります。

 

広告会社に試してほしいこと

私も一開発者ですので、アイコン広告は使いたい側の人間です。

そして静観しているだけではいけないと思ってはいますが、有名開発者でも広告会社と特別コネクションがあるわけではないので、発言力も皆無です。

なので自分のブログで言いたいことだけいう身勝手な方法をとるわけですが、試してほしいことがあるのです。

 

アイコンの形を◯にしたら?

 

これならAppStoreに似てるなんて言われないはず。

LINEの写真がアップデートで丸くなりましたが、あんな感じで。

もう今更感はあるのですが、可能性は0じゃないと思います。

もちろん、Appleさんと上手く交渉して頂く必要はあると思いますが。

 

まとめ

Appleの鶴の一声で収入源が一つ断たれるわけですから、開発者もアプリ1本でずっとたべていくのはリスク高いですね。

Youtuberやアフィリエイター、ブロガーも広告やフィーで収入を得ているので似たようなものですけど、1本に絞らず分散させている方が多いので開発者もリスクヘッジが必要だと感じさせられる出来事です。

 

今リリース済みの『草野球チームを作ろう!』にも、しっかりアイコン広告が入っているので次回アップデートのタイミングで外します(泣

 

スポンサード リンク

関連記事

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

アプリ開発者が教えるポケモンGOをやるなら知っておいて欲しいこと

アプリ開発者で集まることはたまにあるのですが、本名よりアプリ名やTwitterアカウントで呼び合うこ

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがな

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

全くの無名アプリ開発者が本気でアプリを作った結果・・・

最近なかなかブログを書けないのは、Twitterで好き勝手なこと言ってるので、発信したい欲がそこで満

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

とっとこダンジョンvsハンマーズクエスト?小学1年生の甥っ子に遊ばせてみた

マリオブラザーズというゲームをご存知の方は多いと思います。特に30代以降の方は誰もが知っているレベル

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑