ネガティブがダメな理由!自己暗示を上手く使いこなそう!

公開日: : よもやま話, 仕事

妻と買い物をしている時に、何の商品だったかは忘れてしまいましたが、「重そう」な商品があり手に取ってみたことがあります。

実際は見掛け倒しで軽かったのですが、このギャップが面白かったので、妻にも「これ重いよ!」といって手渡ししたことがあります。

当然、妻は騙されて「なんだ軽いじゃん」という笑い話にもならないやり取りをしていたのですが、調子に乗って、「重そうに見えない」商品でも同じことをしてみたら、「重そう」な商品と似たような現象が起きました。

頭の中では絶対軽いとわかっているのですが、重いと言われたことによって頭のどこかに「本当に重いかもしれない」という疑念があるのかもしれません。

この気付きは、自己暗示の力って思っている以上に強いのでは?と思うきっかけになりました。

自分の考えている以上に言葉の影響を受け、頭でなく身体がそのように反応しているわけですから、使い方によっては自分にプラスに働かせることが出来るのではないかと思いました。

スポンサードリンク

ネガティブな事を言わない

少し話は逸れますが、私はネガティブな考えや言葉を出来るだけ発しないようにしています。

何故なら一緒にいる人に対して良くない影響を与えると考えているからです。

そういう言葉は誰だって聞きたいわけじゃないですし、あまりに酷いと聞いてる側の気が滅入ってしまいます。

これは学生時代にスポーツをやっていた時に学んだ教訓だったのですが、チーム全体で意識したことによってチームの雰囲気がかなり良くなりました。

しかし、これはもしかしたらチームメイトへの影響というより自分への影響の方が大きかったのかもしれません。

「きつい」とか「調子が悪い」とかそういったネガティブな発言をしてしまうことで、自分の潜在意識にそれを植え付けてしまうことになっていたかもしれません。

それを逆に「楽しい」とか「絶好調」と思っていなくても口にすることで、本当に自分がそう感じているかのような錯覚に陥っていたような気がします。

スポーツでなくても、仕事や日常生活でもネガティブな考えは付きまとうことがありますが、口にするのをグッと堪えるだけで大きな効果があると思います。

ビックマウスは大切?

格闘技を見ていると良くあるのですが、相手を煽っているというか自信満々というかそういうコメントが多々見受けられます。

野球選手やサッカー選手のコメントでは、内心そう思っていたとしても表向きには謙虚なコメントを残している感じがしますが、格闘技だけは異質です。

昔はよくこんなこと言えるなぁ。後で恥ずかしいとか思わないのかなぁとか思っていたことがあったのですが、今では本気で殴り合うスポーツなので、そこまで言っておかないと気持ちが持たないのかなと思うようになりました。

殴られることのない野球やテニスですら、試合前は不安や逃げたい気持ちになる時があるわけですから、強気な発言をして自分自身を鼓舞しないと恐怖に押しつぶされてしまうのかなと。

といっても格闘技は喧嘩みたいなものなので、お互いが相手を敬いながら闘われても見ていて面白くないという背景もあるかもしれません。

時には信頼を落としかねないビックマウスですが、自分を鼓舞するという意味ではある程度必要なことなのかもしれません。

特にこれから大きなことを成し遂げようとすればする程、大切な要素になると思います。

成功する人の共通点

少し強引ではありますが、成功する人は自己暗示を上手く使っている人たちだと思います。

何か事業を始めるときでも、「出来る」と自分に言い聞かせて、自分を信じてチャレンジしています。

もともと失敗を恐れていなかったり、不安やネガティブなことを全く思わない人もいるのかもしれませんが、自己暗示の積み重ねと経験による自信からそうなっているのだと思います。

誰だって先のことは分からないわけですから、そこに不安は絶対にあるはずです。しかし、成功しやすい人というのは、そこに対してあまり興味がないというかマイナスのイメージを極力持っていない人なのではないでしょうか。

まとめ

大人になるとチャレンジする機会が減ってしまうと思いますが、もしそういう機会があるのであれば「出来る」と口に出して言ってみてください。思っている以上の効果が得られるはずです。

日常の中でもネガティブな感情が出てきたら、敢えて逆のことを口に出して言ってみると、気持ちが強くなります。

とにかく発言することが大切で、自分の潜在意識に働きかけ、それが行動に表れてくるようになります。

ちなみに、私が独立する(会社を辞める)時は、内心は上手くいくか物凄く不安で自信もなく、漠然としたイメージしかなかったのですが、会社の引き留めを振り払う為に、「成功のイメージはある」、「やらなきゃ成功しない」などと強気の発言ばかりしていたことで、いつの間にか「絶対成功できる」と本気で思うようになってました。

思ったところで、実際に成功できるかどうかというのは別問題ではあるのですが、強い気持ちや成功のイメージを持って活動できるかどうかは結果に大きな影響を及ぼすはずです。

もし、あなたが自分はネガティブな人間だとか、自信がないという人間であれば、ポジティブなワードを意識的に発するようにしてみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

こんな会社は危険!?見逃してはいけない大切な基準

最近更新が滞ってます。 アプリ開発に全精力を注いでいるのですが、完成したと思ってリリース作業し

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

仕事ってなんの為にするの?お金持ちが仕事をし続ける理由

私はお金持ちではありませんが、たまに疑問に思うことがありました。 何か1発当てて大金を手にした

記事を読む

開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。 関東には妻

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

アフィリエイトで儲けてる人から稼ぐ方法を聞いちゃいました

たまたま昔の会社の同期から名古屋に来てるのでってことで連絡があって、軽くご飯がてら会ってきました。

記事を読む

ゆうちょやスクエニから詐欺メールが届いた件

もちろん公式ではなく、フィッシング詐欺サイトへの誘導メールが届いたって話です。 ちょっと前まで

記事を読む

効果はある?フリーランスだけど朝活してみた

フリーランスといえば自由な時間に働けるというのがメリットとしてあると思うのですが、そこにあぐらをかい

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑