フォントって大事!?アプリを作るなら拘りたいポイント

公開日: : アプリ

デザインする方にとっては常識なのかもしれませんが、そうでない方にはフォントというのはあまり馴染みがないと思います。

私も、明朝とゴシックしか知らない程度だったのですが、アプリを作っているとフォントにも拘りたくなって色々と調べてみたので、フォントにまつわる注意点などをまとめてみたいと思います。

 

フォントなんて何でもいい?

そう思っている方は多分いると思います。

しかし、それは適切なフォントが採用された『完成品』しか見ていないからではないでしょうか。

実際に、ゲームを作っている過程で色々なフォントを試してみると、大きな差があることがわかります。

例えば、ファミコンのようなドット絵のアプリが世の中にはたくさんリリースされていると思いますが、そのゲームのフォントが明朝体だったらどうでしょうか?

mon_255

 

これでも問題はなさそうです。

しかし、ドット調のフォントに変えてみると・・・

 

mon_255_2

 

 

一目瞭然ですね。やっぱりこっちの方がそれらしい雰囲気が出ています。

こんな感じにアプリ全体のクオリティを大きく左右するほど、フォントは大切なものなのです。

 

フォントって有料なの?

「じゃぁ、何かいいフォントを探してみよう」ということで、ネットで検索してみると分かるのですが、びっくりするほど選択肢がありません。

いいと思ったものは全部有料。しかも高い!

 

それもそのはず、日本語はひらがなに加えてカタカナ、漢字・・・数が多すぎます。

一つのフォントを作るにも相当な労力が必要になるわけです。

 

ちなみにフォントを販売している有名どころとしては『FontWorks』さんがありますが、パズドラでも使われている『くろかねEB』など洗練されたフォントが揃っているので見ていると面白いです。

 

無料フォント。本当にそれ使って大丈夫?

有料フォントが素晴らしいということが分かっても、できれば低予算でアプリを作りたいですね。

そもそも全くダウンロードされないかもしれない可能性を考えると簡単には手が出ないのが普通です。

そこで、無料フォントでも頑張って探せばいいものはありますので、それでも良いと思います。

 

ただ、一つ注意点があります。

アプリにフォントを組み込むということは、同時に『フォントを再配布する』ということになります。

ですので、無料・商用可と謳っているフォントでもNGという場合があります。

ですので、使用前に再配布が可能かライセンスをよく確認する必要があります。

 

ちなみに、冒頭で使用したドット絵調のフォントは「PixelMplus」というフォントでアプリにも使用可能です。

 

まとめ

意識しなくてもフォントには日常的に触れています。

アプリだけでなく広告など、デザインされたものを意識してみると面白い発見があると思います。

アプリにも使える無料フォントをまとめてみるのも良いかと思いましたが、長くなりそうだったので今回はここまでにしておきます。

 

 

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

これからスマホアプリ作るならUnityを強くオススメする理由

私はiPhoneアプリの開発から着手したので、XcodeでObjective-cを覚えながらSpri

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

全くの無名アプリ開発者が本気でアプリを作った結果・・・

最近なかなかブログを書けないのは、Twitterで好き勝手なこと言ってるので、発信したい欲がそこで満

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

コラボした新作アプリ「100万点差の甲子園」の予約受付を開始!

前回の記事でイラストレーターの雨本さんとコラボしようという経緯を書きました。 http://f

記事を読む

【画像あり】「草野球チームを作ろう!」次回作の一部を公開!ユーザーの要望に応え新機能盛りだくさん!

「草野球チームを作ろう!」のiOS版リリースが2月中旬。Android版が5月末。

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑