AppleはGoogleには敵わない!?AppStoreの腐敗とその原因(その1)

公開日: : 最終更新日:2015/07/25 アプリ

私がアプリ開発者だからなのでしょうか?以前よりAppStoreを眺める時間が極端に減りました。

市場調査的な感じでたまーに開くことはあるのですが、面白いアプリや便利なアプリを探す目的で開くことはほぼなくなってしまいました。

数年前、何かいいアプリがないかと毎日AppStoreをワクワクしながら眺めていたのが嘘のようです。

スポンサードリンク

AppStoreの現状

試しに今の無料総合のランキングを見てみるとこんな感じになってます。

appstore

普通の感覚で見ればLINEも入ってるし、世の中で流行っているアプリということになると思いますが、これがそうではありません。

実は不正にランキングが操作されており、上位アプリ=優良なアプリではなくなっているのです。

例えばこのランキングでは、輝かしい総合1位、2位、5位はいわゆる『ブースト』されたアプリです。

 

ブーストって?

何となく響きがカッコ良い気がしますが、分かりやすくいうと金に物を言わせているのです。

開発者は広告会社のお小遣いアプリ(ダウンロードするとポイントが貰えてAmazonギフト券と交換できるようなアプリ)にお金を払って自社アプリを掲載してもらいます。

何も知らないユーザーはこのアプリを介してポイント目当てにダウンロードしてポイントを稼ぎ、Amazonギフト券をゲット。

このギフト券は開発者から広告会社に支払われたお金で補填されているわけです。

これらの過程でダウンロード数が伸び、ランキング上位へ。という仕組みです。

 

誰もが狙う1位を目指して、アプリ開発を行う企業はこぞってこのブーストを行っており、まさに札束で殴り合っている状態です。

一度1位の座を獲得してしまえば、露出も増え最高の広告になるわけですからテレビCMをうつ感じでやっているのでしょう。

 

何がいけないの?

そもそもランキングの操作はAppleの規約でNGとなっていて、アカウント停止処分の対象です。

そして、本当にいいアプリが露出する機会が失われてしまうことに繋がり、ユーザーにとってもいいことはありません。もちろんその開発者にとってはそれだけ収入が減るわけですから生活に支障がでる可能性があり、場合によっては開発を中断せざるを得なくなるかもしれません。

 

ブーストは自分の利益だけを追求する利己的な行為でAppleStoreを腐らせているのです。

 

Appleは何で対策しないの?

これは日本特有の現象なのです。アメリカではこんなことは起きていないようです。

だからといって対策がされていないわけではありませんが、根本的な解決をしようという意気込みは伝わってきません。

そもそも規約に則って処分した場合、ほとんど上位を占めているアプリはアウトなのですから。

これはAppleがやる気がないのか、できないのか分かりませんが、Googleの検索アルゴリズムが常にアップデートされ改善されているのを考えるとAppleはGoogleに敵わないという捉え方もできます。

(iOS、Androidの優劣を言っているわけではありません。)

というか、アプリがダウンロードされてもまともに使われていない場合はカウントしないとかやろうと思えばできると思うのですが、何とかなりませんか?Appleさん。

 

ぼくたちにできること

この不正だらけのAppStoreランキングを浄化するには、ブーストされたアプリはダウンロードしないことが最も効果的です。

しかし問題なのが、どれがブーストされているのか一見分からないことです。

さすがに、お小遣いアプリをわざわざダウンロードして照合してくださいとはいいませんが、ダウンロードする前に軽くレビューに目を通して頂きたいのです。

review

これは例のブーストアプリのレビューを一部を抜粋させて頂いたものですが、中身の伴っていないということは十分判断できると思います。

もちろん、無意味な星5つのレビューは自らフィルタリングする必要はあります。

レビューは嘘!?AppleStoreの腐敗とその原因(その2)
前回の記事に絡めてレビューについても言及します。 前回記事を読まれていない方は一読して頂くとより内容が分かると思います。 AppStoreのランキングア

 

最後に、このブーストの現状に興味がある方はアップトーキョーさんのブログを見てみると面白いです。


AppStoreの見方が180度変わるはずです。

 

スポンサード リンク

関連記事

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

アプリ1本でどれだけ儲けることが出来るのか?なんと平均44,000円らしい!?

アプリ開発者のほとんどがお世話になっているだろうメディアがありまして、ヒット作を生み出した方にインタ

記事を読む

成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちが

記事を読む

これからスマホアプリ作るならUnityを強くオススメする理由

私はiPhoneアプリの開発から着手したので、XcodeでObjective-cを覚えながらSpri

記事を読む

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教訓を活かし, ひたすらテ

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

とっとこダンジョンvsハンマーズクエスト?小学1年生の甥っ子に遊ばせてみた

マリオブラザーズというゲームをご存知の方は多いと思います。特に30代以降の方は誰もが知っているレベル

記事を読む

スポンサード リンク

Comment

  1. […] AppleはGoogleには敵わない!?AppStoreの腐敗とその原因(その1) | furuApplications http://furuapp.net/boost-appstore/ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑