友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

公開日: : 仕事

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。

感覚的には仕事できてないなーと思ってしまうのですが、人と会うのも仕事と割り切ってます。

もちろん、会う人によっては仕事に繋がったりすることがあるので、積極的に連絡して会ったりもしているのですが、中にはそうでない人もいるのも事実です。

今回は独立してからそういったことを考えることが増えたので記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

前向きな話しになる友人

話していて面白く、モチベーションも上がる人というのは、同じ立場の人です。

私の場合は独立しているので、独立して何かしている人と話しをすると考え方が似ていたり、これからのことを話したりできて凄く盛り上がります。

独立していなくても、育児していたり、趣味が一緒だったりと共通点があれば楽しい時間を過ごせます。

といっても今は仕事に夢中になってる状態なので、どちらかというとビジネスの話しの方が楽しいというのが正直なところです。

後ろ向きな話しになる友人

昔の友人と話すときに多いのですが、仕事を辞めようかどうしようかという話しになったりするパターンです。

会社の元同僚なんかと話すと毎回同じ話しをしている気がしてきます。

こちら側としても退職した方が良いと分かっているので転職など勧めたりもするのですが、結局相手には響かずに何も変わりません。

だからといって、退屈だとかそういうことではありませんが、独立する以前と比べて自分がつまらなく感じるようになってきた気がします。

友人は切り捨てる?

明確にどういった友人に会うかによって、自分にプラスに働くのかどうかがわかるようになってきました。

損得勘定に近い考え方をすれば、後ろ向きな話ししかしない友人は切り捨てた方が良い気もします。

ホリエモンの書籍(何かは忘れましたが)でもそういった内容のことが書かれていましたが、今となっては言っている意味も分かります。

ただ私の場合は、人脈の代謝が良いわけでもないですし、切り捨てていったらきっと孤立することになりますし、単純に友人として会う時間というのも楽しめているので友人を取捨選択するようなことはしないつもりです。

 

まとめ

少し大げさな記事にはなりましたが、独立すると色々と考え方や感じ方が変わってきます。

どちらかというと世間の常識から外れているので、独立前の友人と話しがかみ合わないのは当然かもしれません。

また、自分に必ずしもプラスにならなくても、やはり友人と過ごす時間は損得勘定ではなく、単純に楽しめる時間にしていたいですし、仮に後ろ向きな考え方なら、プラスの方向へ導いてあげられるようになれたら良いなと思います。

とはいえ、時間は有限なので余程時間を持て余していない限り、優先順位などは考えていかないといけないですね。

誰の為になる話しでもありませんでしたが、独立するとそうなるんだと思ってもらえれば幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

楽して儲けられる仕事?風邪で倒れていてもアプリ開発者は儲かってる??

久々に風邪をひいて寝込んでました。 サラリーマンしてたころは、働きに行きたくないので毎朝、体温

記事を読む

日本最大!?の開発者イベントに参加してみた話

日本全国から開発者が集う『あぷまがないと』に参加してきました。 今回で3回目となるこのイベント

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

効果はある?フリーランスだけど朝活してみた

フリーランスといえば自由な時間に働けるというのがメリットとしてあると思うのですが、そこにあぐらをかい

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

記事を読む

妻子持ちで独立する時に気をつけたいこと。経営以外で3つの注意点!

今年の年末年始は帰省することもなく、働いていました。 そのおかげで開発が思っていたよりも進み、

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑