私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

公開日: : 仕事

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。

もともと私は新卒で大手SIer企業に就職し、数年で色々な理由から零細企業に転職しました。

と思ったら、その1年後に退職し、独立して今に至ります。

ちなみに、会社を辞めた大きな理由の一つが、アプリ開発をしたいということでした。

自分でも分かっていたことですが、アプリ開発なら独立しなくても転職でアプリを開発している企業に雇ってもらえば良かったかもしれませんし、その方がレベルの高い技術を覚えられたかもしれません。

しかし、今改めて振り返っても、転職という道は選ばなくて良かったと思っています。

今回はその理由について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

SIerとしての経験

やりたいことがあって大手SIerに入社したわけではありませんでしたが、プログラムには興味があり、なおかつ学生時代からHTMLの知識は持っていたので、Webの知識を深めたいと思っていました。

しかし、任された仕事はWebではなく、むしろ途中からプログラマーでもなくなりました。

もちろん、やりたいことは上司にアピールしていましたし、そうなるよう上司も計らってくれていたみたいですが、会社の状態や案件の関係上、叶うことはありませんでした。

この経験から、企業に勤めているとやりたいことから遠ざかってしまうということが当たり前のように起こるということを身にしみて感じていました。

さらに・・・

プログラマーとしてではなく、システムエンジニアとしての仕事もそれなりにやりがいは感じていたのですが、決定的に運が悪いと、後ろ向きの作業ばかりする羽目になるということを経験しました。

後ろ向きの作業というのは、不具合の修正やお客さんのサポートみたいな仕事で、何かをクリエイトしているわけでもなく、ただの尻拭い的な感覚の仕事です。

決して、打ち合わせしてシステムをどうやって構築しようとかそういうものではありません。

働いていて、仕事の内容に不満があったわけではありませんが、ワクワクしないというのが決定的でした。

アプリ開発する企業に就職して起こり得ること

やりたいことが明確になっていれば、就職する企業も選びやすいとは思いますが、SIerとしての経験があったので、組織としてアプリ開発をすることにはどうしても抵抗がありました。

ぱっと思いつく懸念を挙げるとすると

  • 使いたい言語を使えない
  • 使いたい開発ツールを使えない
  • 作りたいアプリを作れない
  • 新しいアプリ開発ができるわけではない
  • アプリ開発に携われない

です。

会社の方針や役割があるので、例えばUnityを覚えてみたくてもXcodeしか使えなかったり、アプリのアイデアがあったとしても稟議を通さないと開発が出来なかったり。

また、既にリリースしたアプリの不具合修正ばかりやらされたりするかもしれません。

もっと言えば、会社の経営が傾いてアプリ事業から撤退となったらアプリ開発自体が出来なくなります。

メリットももちろんあるのですが、独立していたら当たり前のように出来ることが、組織の中では出来ない可能性があるのです。

こればかりは入社してみないと分からないですし、良い会社に巡り会うための労力を考えたら、独立した方が夢に近づけるわけです。

やりたいことが明確なら独立するのもあり!

何が言いたいかというと、殆どの人が就職してやりたいことをしようとしますが、効率が良くありません。

それよりも独立して自分のやりたいようにやった方が、夢が叶う可能性が高いかもしれません。

同じアプリ開発者の方でも、誰もが知ってるいるゲーム会社を退職して個人で開発されている方もいるくらいなので、独立しないと出来ないということもあるのだと思います。

必ずしも独立の方が良いというわけではありませんが、やりたいことが明確で、アプリ業界などのように個人でも戦えるプラットフォームが確立されているのであれば、組織に属さず夢を追いかけるのもありなんじゃないかと思います。

まとめ

私のようにゲーム業界を全く知らない状態だと、一度就職して経験を積んだ方が良いという考え方もあるかもしれませんが、一人でアプリを作ってリリースするという経験を積んだ方が得られるものは大きかったのではないかと思います。

両方を経験したわけではないので比較はできないのですが、今まで企業で勤めた数年より短期間で成長できたいという実感が強いのであながち間違いではないと思っています。

とはいえ、就職するとビジネスマナーだとかそういったものが研修で教えてもらえたりするので、一長一短です。

ただ、独立を視野に入れている人は限りなく少ないと思うので、この記事を読んで、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

働き過ぎてない?5月病とかになるくらいなら休めば良いという話

G.W.の最終日には友人の結婚式があったので、久々に大学の友人が集まり色々と話すことができました。

記事を読む

その仕事、ちょっと待って!!目先の利益を求める危険性を考えてみた

アプリだけで生活していると言うと結構な確率で凄いとお褒め(?)のお言葉を頂戴することがあるのですが、

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

簡単?安い?早い?ネットで名刺を作ってみた!

今まで名刺がありませんでした。 普通は独立したら真っ先に作るものなのかもしれませんが、アプリ開

記事を読む

「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃ

記事を読む

いい会社と悪い会社?働くならどっちが良い?

これから働く会社を選ぼうという就活生や転職する方には気に留めておいて欲しいことがあるのですが、あなた

記事を読む

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

3月末に辞めるならラストチャンス?1月は退職交渉を切り出す最高のタイミング!

会社辞めようと思っても、なかなか切り出せない方は多いのではないでしょうか? そういう方は特に区

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

あくまで自分の話しなんですけどね。でも知ってる限りの開発者はアプリの内

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教

変な人に絡まれたので一部始終をありのまま話すぜ!

お久しぶりです。ふるあぷです。 本来このタイミングならデジゲー博

→もっと見る

  • アプリ個人開発者。
    東京の大手SIerで働くも名古屋のIT企業に転職。
    しかし1年ほどで退職し、アプリ開発を本格化する為に独立。
    妻子持ちで趣味は野球とテニス。
  • 草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    草野球チームを作ろう!レジェンド -放置育成シミュレーション
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
    開発元:YUU FURUTA
    無料

    あて名書き for iPhone
    文字を奇麗に書く為の補助ツール

  •   
PAGE TOP ↑