嫁ブロック?転職を妻に反対されるor夫が転職と口に出す前に読んでおこう!

公開日: : よもやま話, 仕事

嫁ブロックという言葉があるらしいです。

転職活動において、嫁の一声で白紙に戻ってしまうという、企業の採用担当者が使う業界用語とのことですが、転職市場が拡大している今、浸透してきている言葉のようです。

こちらの記事にも取り上げられており、嫁がどうしてブロックするのかが書かれています。

男の挑戦くじく「嫁ブロック」とは 「妻の反対で内定辞退……」 業界用語からみる夫婦の新たな関係

これを読んでみて、はっきり言って苛立ちを覚えました。

夫の仕事より自分のランチの方が大切なのか??

夫が夢を追いかけて勇気を出そうとしているのに、嫁の見栄・体裁・人間関係で潰されていく。

夫を自分の道具か何かと勘違いしているんじゃないかと。

年収下がるなら自分がその分稼げばいいし、見栄を張りたいなら全力で夫をサポートして独立なり出世させればいい。

生活の為とか稼いでもいない会計をしている事務員が言う言葉ではありません。

壁を壊せない夫も志が低すぎる!

嫁がダメといったから。

それで内定辞退するとか恥ずかしすぎます。仮に年収下がって生活が苦しくなることを理由にしたとしても、転職活動する段階で家計を把握できていない時点でよろしくない。

本当に転職する気があるなら、転職することのメリットや今の会社に留まるデメリットをしっかりと訴えるべきで、妻を説得できないのは単に志が低いだけです。

仮にやりたい事を仕事にしたくて、それにリスクが伴うならば、それを理解してもらった上で協力してもらえるよう妻を説得してください。

みんなが転職するからとか、このままじゃダメな気がする。程度の理由では嫁もダメと言いたくなるでしょう。

家族がいたとしても、自分は自分です。自分の人生をいかに良くするかはあなた次第だということを忘れてはいけません。

転職する人はできる人?

私が在籍していた会社では、辞めていく人は「できる人」という印象が強かったです。

当然そうでない人もいたり、できる人でも残る人もいるので、あくまで印象に過ぎないのですが、転職を決意するということはそれだけ世の中のことや自分のことを自分の頭で考えている証拠でもあるので、それが普段の仕事にも生きていたと考えられます。

恐らく、他の会社でも同じ現象は起きているでしょうし、会社側も人材流出に頭を悩ましていることでしょう。

例え転職する人が多いからといって、手を繋いで同じ会社に行けるわけではないですし、誰だってある程度の覚悟はできているはずなので、夫が転職したいと言い出したということは、できる側の人間かもしれません。

また、転職したいと思うほど、今の職場に居るのが苦痛だと感じているのかもしれません。

それを今の収入やステータスに拘って無下にしてしまうのは、ゆくゆく鬱になってしまったりすることにも繋がりかねないので、夫の主張にもしっかり耳を傾けてあげたほうがよいと思います。

まとめ

嫁ブロックはブロックする方にもされる方にも問題はあると思いますが、転職は抱えている問題を一気に解決する力を持っていたりするので、しっかり考えて転職するのであれば、リスク以上のメリットがあると思います。

必ずしも転職や独立した方が良いとは言えませんが、嫁の鶴の一声で白紙になるようなことはなくなってほしいです。

スポンサード リンク

関連記事

学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。 簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

アナ雪から考える3種類の「できる人」。あなたはどれ?

仕事で「できる人」と呼ばれる人がどこにでも居るかと思いますが、その「できる人」は大きく3種類に分けら

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

「草野球チームを作ろう!レジェンド」の売上金の一部を寄付しました。

私がアプリを作る理由というのは以前にも書いたことがありますが、説明を省いて結論だけ言えば世の中を良く

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑