ついに当選!?LINEモールのチャンスプライスで一番確率の高い金額を試してみた

公開日: : まとめ, ライフハック

昨日の記事で、LINEモールのチャンスプライスの当選確率が最も高い金額を紹介しました。

【必読】LINEモールのチャンスプライスで一番当選しやすい金額はこれだ!!
LINEモールというアプリはご存知でしょうか? LINEが運営するフリーマーケットアプリで、不要なものを売ったりできるアプリです。 一見、珍しいアプリでも何でもありませ

 

さすがに紹介して終わりにしちゃダメだろうと、この金額で試しにエントリーしてみたので、報告です。

 

記事を公開した日にエントリー

本日の景品はSHARPのふとん掃除機。参考価格39,360円の代物。

sharp

 

早速、この一番確率の高い確率でエントリー!

IMG_2813

IMG_2814

 

IMG_2815

 

昨日の記事見ちゃってる人が同じ金額でエントリーしてたらそもそも意味がないというのは考えないことにして、期待しながら20時まで待機です。

 

ついに当選!?

そして結果が出ました。

 

IMG_2817

残念、4人!

当選価格が2千円台だったのは誤算ですが、割と健闘してるんじゃないでしょうか?

 

当選は難しい!

わかってて公開してますが、この記事を見た人がいるだけで当選の確率はガタ落ちしてしまいます。

しかし、当選しやすい金額というのはありそうだということは分かりました。

統計の取り方も、まだまだ母数が少ないことや、景品の元値によって当選金額は変動すると思われるので、切り口を増やしてみるなどの試行錯誤すればもしかしたら当選できるかもしれません。

 

純粋に楽しむのも良いですが、統計を駆使して楽しむのもまた違った面白さがあります。

あなたも是非チャンスプライスに挑戦してみてください。

スポンサード リンク

関連記事

動画が見放題?Amazonプライムがとってもお得なサービスに!

今更Amazonの紹介をするつもりはありませんし、誰もが一度は使ったことがあるサービスと思います。

記事を読む

錦織圭を応援しよう!日本人初のタイトルとなるか!?全仏2015を生放送で見るには?

2014年の全米オープン準優勝で日本中の脚光を浴びた錦織圭。 今年最初のグランドスラムの全豪オ

記事を読む

カビ撃退!洗濯機を掃除してみた

だいたい結婚とかして同棲すると、一通りのものは妻の要望で一新されると思いますが、洗濯機は私が一人暮ら

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

【梅シロップ】1週間経過したので振り返ってみる

先週の6月22日に梅を買ってきて梅シロップ作るよって記事を書きました。  

記事を読む

整理整頓!部屋を綺麗に保つ為に必要なたった一つの方法

こんな記事を書くと、私は綺麗好きか、もしくは整理整頓が得意とかそう思われるかもしれませんが、そうでは

記事を読む

no image

分かりにくい!?iPhone6sを目当てに携帯ショップへ行ってきた

2年に一度、ワクワクするようでとっても面倒なイベントがやってきました。 携帯の変更です。

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発で横の繋がりが重要だと思うわけ

横の繋がりっていうのは、簡単にいうと同業他社との繋がりですね。

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑