ついに当選!?LINEモールのチャンスプライスで一番確率の高い金額を試してみた

公開日: : まとめ, ライフハック

昨日の記事で、LINEモールのチャンスプライスの当選確率が最も高い金額を紹介しました。

【必読】LINEモールのチャンスプライスで一番当選しやすい金額はこれだ!!
LINEモールというアプリはご存知でしょうか? LINEが運営するフリーマーケットアプリで、不要なものを売ったりできるアプリです。 一見、珍しいアプリでも何でもありませ

 

さすがに紹介して終わりにしちゃダメだろうと、この金額で試しにエントリーしてみたので、報告です。

 

記事を公開した日にエントリー

本日の景品はSHARPのふとん掃除機。参考価格39,360円の代物。

sharp

 

早速、この一番確率の高い確率でエントリー!

IMG_2813

IMG_2814

 

IMG_2815

 

昨日の記事見ちゃってる人が同じ金額でエントリーしてたらそもそも意味がないというのは考えないことにして、期待しながら20時まで待機です。

 

ついに当選!?

そして結果が出ました。

 

IMG_2817

残念、4人!

当選価格が2千円台だったのは誤算ですが、割と健闘してるんじゃないでしょうか?

 

当選は難しい!

わかってて公開してますが、この記事を見た人がいるだけで当選の確率はガタ落ちしてしまいます。

しかし、当選しやすい金額というのはありそうだということは分かりました。

統計の取り方も、まだまだ母数が少ないことや、景品の元値によって当選金額は変動すると思われるので、切り口を増やしてみるなどの試行錯誤すればもしかしたら当選できるかもしれません。

 

純粋に楽しむのも良いですが、統計を駆使して楽しむのもまた違った面白さがあります。

あなたも是非チャンスプライスに挑戦してみてください。

スポンサード リンク

関連記事

日帰り甲子園!名古屋から甲子園決勝を観に行ってきた

甲子園といえば特別な場所ですよね。 かつて私も白球(柔らかい方)を追いかけていた身ですので、い

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

【必読】LINEモールのチャンスプライスで一番当選しやすい金額はこれだ!!

LINEモールというアプリはご存知でしょうか? LINEが運営するフリーマーケットアプリで、不

記事を読む

まだ間に合う!梅シロップを作ってみた

もう6月も下旬となり、そろそろ青梅がお店から姿を消そうというところで滑り込みました。 1kg5

記事を読む

使えるものは使うべき!トレーニングするなら市の施設を使おう!

東京にいた時、住んでる近くにトレーニングジムがありました。 もういくらだったか忘れてしまいまし

記事を読む

名古屋⇔東京を安く!車でETCの割引使えばなんと30%OFF

先日、異業種交流会に参加したばかりですが、シルバーウィークは東京ゲームショウに行って、その後アプリ開

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

疲れたらこれ!!ダルビッシュもやってる疲労回復方法

最近暑いですね。名古屋は特に湿度が高い地域なので蒸し暑いです。 カラッとした暑さなら全然平気な

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑