一攫千金!?アプリで稼ぐならどんなアプリが良いのか?

公開日: : アプリ

アプリを副業にしようとしてる人はどれくらいいるのでしょうか?

プログラマーなどのIT系に従事する人は少なからず興味のある話しなのかもしれません。

私は、副業レベルでは稼げるレベルに到達するのは難しいという理由であまりオススメしていません。

詳しくはこちらを読んで頂ければよろしいかと。

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由
アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのはいいんですが、普通のサラリーマンに月収いくら?ボーナスいくら?って聞くのとはまた

 

それでもやりたいという方の為に、どんなアプリを作ると稼ぎやすいのかまとめてみました。

初めに断っておくと、既存の開発者ならほとんどの方が知っている内容でもあるので、知ったところで必ず稼げるわけじゃありません。

 

稼げる法則

長い期間にわたりアプリが起動されること

どれだけアプリがダウンロードされても、そのアプリの起動時間が短ければ稼げません。

これは無料+広告でマネタイズしている場合です。

アプリを起動して、何かを読む、メモする、作業する、遊ぶの何かがないとびっくりするほど収益がありません。

例えば、何かを確認できる程度のアプリは便利だとしても稼げません。

天気予報アプリなどがそうですが、マネタイズの方法を工夫しないと厳しいです。

 

ゲームの方がチャンスがある

カレンダー、電卓、ツイッターなどの定番アプリはかなり厳しいジャンルです。

既に定番と言われるアプリが普及していて、そこからシェアを奪うのは並大抵の努力では可能性は0に近いです。

それに比べてゲームは必ず飽きるタイミングがくるので、面白いアプリが作れればチャンスはあります。

ただ、ゲームアプリの数はツール系に比べたら恐ろしいほど多いので、埋もれてしまわないような工夫は必要です。

 

定番か、放置か、突き抜けるか?

ゲームの中でも、ジャンルによって可能性が変わります。

オススメなのが定番系、放置系、突き抜けたアプリです。

 

定番

オセロなどのボードゲームの類がこれにあたります。

先日「サマーウォーズ」が放映された影響で花札アプリのダウンロードが伸びたりもしてましたが、定番系の強みは需要が必ずあるということです。

老若男女、特に女性にアプローチ出来るのは強いです。

ダウンロードされたら、比較的長く遊んでもらえますし、ルールもみんな知っているのでチュートリアルを作る必要がないのは開発者にとって大きいです。

 

放置

「ぐんまのやぼう」、「なめこ栽培」のアプリがこれに該当します。

時間経過と共にアイテムが生成されて回収するゲームです。話題の「ねこあつめ」も放置系ですね。

 

突き抜けたアプリ

ジャンルではないんですが、無難なアプリよりは開発者の頭おかしいんじゃないかと疑われるアプリの方が話題を呼びやすく、ヒットしやすいです。

有名どころだと「アルパカにいさん」、最近だと「純愛ババア学園」が突き抜けたなぁって感じです。

 

 

こればかりは才能な気がするのでどうにもならないような気がしますが、インパクト重視のアプリも稼ぎやすいかもしれません。

 

まとめ

最終的には自分の作りたいアプリを作るのが一番なんじゃないかとも思います。

開発者のこだわりや情熱は、必ずユーザーに伝わるものだと思うので、好きでもないアプリを作っても、ただ稼ぎたいだけというのが見透かされてしまいます。

また、今回は稼ぎやすいという観点で紹介しているので、一攫千金を狙うとなると少し違ってきます。

需要があればまた記事にしてみたいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発者がオススメする年末に遊びたいアプリはこれ!

12月はクリスマスやお年玉があるおかげで、商品の需要がとっても伸びます。 ゲーム業界も、ここぞ

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

野球王国は大阪!草野球ゲームをリリースしてわかったことをまとめてみる

2015年2月にiOS版「草野球チームを作ろう!」をリリースし、同年5月末にAndroid版をリリー

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

チュートリアルの作り方!伝える為に大切なことを考えてみた

草野球チームを作ろうの新作がそろそろリリースされるんじゃないかと噂されている頃合いかと思いますが、現

記事を読む

AppleはGoogleには敵わない!?AppStoreの腐敗とその原因(その1)

私がアプリ開発者だからなのでしょうか?以前よりAppStoreを眺める時間が極端に減りました。

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

no image

草野球チームを作ろう次回作のリリースを控えて開発者の心境を語ってみる

最近はブログがおそろかになりがちですが、その理由はアプリ開発に集中しているからです。 しかし、

記事を読む

最高峰のアクションゲーム!?今話題のDownwellで遊んでみた

リリース前から注目されていたアプリでしたが、ちょうど1週間前にリリースされ、案の定ヒット作へと上り詰

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑