男性必見!究極の選択を切り抜ける万能フレーズを考えてみた -料理編-

公開日: : よもやま話, ライフハック

私も先日、危うく地雷を踏みかけました。

いや踏んだのかもしれません。

感じたそのままを伝えた為に大変なことになりかけました。

恐らくですが、同じような経験をしている方もたくさんいるはずです。

これがたった1度であれば我慢して難を逃れることも可能なのですが、毎度のことになると、伝えておかないと改善されるわけもなく未来永劫続いてしまうのです。

よく漫画でもありがちな展開ですが、料理の味付けがちょっとアレだけど、気を遣ったばかりに調子に乗って量産体制に入ってしまうパターンは避けたいものですよね。

だからと言って、闇雲に料理について何か気に触ることを言うのは一発触発の危険あり。

男性にとって死活問題です。

そこで、頑張って料理を作ってくれたはいいが、ちょっと気になることを伝えたいときに使える極めて万能なフレーズを紹介したいと思います。

あ、でも言っておきますが幸いなことに私の妻は料理が上手なので、いつも思ったことを伝えてるだけです。紹介はしても使っているわけではないので誤解しないでくださいね。

当然、実績もなければ想像での話しなので、このフレーズを使ったばかりにいかなる夫婦喧嘩になったとしても責任は取りませんから心して使ってください。

スポンサードリンク

指摘するのはNGなのか?

感想を求められたから思ったことを言うのはよくないのです。

どんなに料理がアレであっても、そこに頑張って作ったという事実がある限り、感謝と賞賛の声がないと満足してくれません。

これが抜けてしまえば何を言っても機嫌を損ねてしまうでしょう。

男性は建設的なアドバイスをしようとしてしまいがちですが、女性は全く求めていないので注意が必要です。

だから、まず最初に必要なのは言葉はこれです。

どう思ったとしても必ず添えましょう。枕詞ってやつですよ。

「おいしいよ。作ってくれてありがとう!」

どう伝えるべきか?

とりあえず第一段階を乗り越えたとしましょう。

女性は男性と違って複雑な生き物ですから、まだまだ言動には注意が必要です。

安易に指摘してしまえば、前述の言葉の責もついでに追求されてしまいますし、枕詞の効果が今後薄れてしまうので慎重にいきます。

作った本人としても、どれくらい手の込んだ料理なのか?自分でも思う点があるのか?によって対応は少し変えていかねばならないのも事実です。ですが、よほど自覚していない限りは思ったそのままを伝えてはいけません。

限りなく惜しいという感じを演出しましょう。

例えを挙げるならこうです。

「おいしいんだけど、ほんの少しだけしょっぱいかもしれない。けど、十分おいしいよ。」

大事なのは、今のままでも十分だという感じを醸し出すことです。

そうすることで指摘したとしても角が立たず、相手もじゃもっと美味しくなるなら改良してみようかなという気持ちになってくれるはずです。

パターンは何個かある!

同じフレーズを使い続けていたら流石に気付かれてしまいます。

そこで、何個かパターンを覚えましょう。

オススメなのが、

「お店レベルの味にするなら」、「人に出すなら」、「万人受けしそうなのは」などなど。

あくまで自分は満足している前提で、さらに上のレベルを目指していただく。

来るときのために、考えておいて損はありません。

まとめ

料理というのはアレンジしないで、超定番を攻めてもらった方が安心できます。

今はクックパッドのようなサービスがあるので、レシピ通りでも怪しいものに手を出すと、結構な確率でヤバいものが出来上がります。

なので、妻に彼女に安定した料理を求めるなら、最初に分かってもらうべき最重要事項なのかもしれません。

それでも、残っている食材の状況や湧き上がる好奇心によって際どい料理は生産されることもあるので、その時は上記のようなフレーズで乗り切っていきましょう。

やっぱ夫婦喧嘩の一番の原因は料理だと思うんですよね。育った環境や価値観が反映されやすいですからね。

そして、料理を作ってもらうということが当たり前と思わないよう、常に感謝の気持ちを忘れないようにしたいものですね。

 

スポンサード リンク

関連記事

Amazonプライムビデオ目当てにプライム会員になる価値はあるのか?

先日紹介したAmazonプライムビデオですが、無料体験期間があったので登録をして何作か映画を見てみま

記事を読む

カビ撃退!洗濯機を掃除してみた

だいたい結婚とかして同棲すると、一通りのものは妻の要望で一新されると思いますが、洗濯機は私が一人暮ら

記事を読む

下町ロケットを見て思うこと。あなたの夢は何ですか?

半沢直樹からルーズヴェルトゲームときて、とうとう下町ロケットですね。 そろそろ展開も読めてくる

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

失敗しないプレゼント選びの鉄則はこれ!!クリスマスパーティーでプレゼント交換してきた話

早いものでもうすぐクリスマスですね。 白ひげおじさんを信じてやまないピュアな心の持ち主か、ごく

記事を読む

資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまと

記事を読む

何故そんなに貯金がないの?お金が貯めれない人は必読!

都内に住んでいたときはなかったのですが、名古屋に来てからフリーペーパーがよくポストに投函されるように

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

noteを使ってお金は稼げるのか試してみた

SNSで見かけたnoteというサービス。新たな情報発信する場になりそうなので、とりあえずアカウント登

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑